事務所案内


経営コンサルタント 
橋本経営事務所 橋本 嵩史(はしもと たかし)


事務所所在地:奈良県橿原市上品寺町43-4
1967年1月生まれ。大阪府寝屋川市出身。
趣味:アウトドア、旅行、バイク、ジョギング



経営の研究にハマった「経営研究オタク」

大学卒業後、奈良県内の地方銀行に就職するが病気を患い退職する。
 法人先との取引の中で、親が飲食店を経営していたこともあり、
事業経営に関心を持つ。


完治後、大阪市内の経営コンサルタント会社に就職する。
2社の経営コンサルタント会社をへて奈良で事務所を開設。


5年間コンサルタント業務を行うが、取扱った事業再生案件で、
「クライアント企業の真の変革を達成していくために必要不可欠なもの」が
自分には欠けているということに気づき、事務所を閉鎖しコンサルタント
業界から離れる。


その後、未経験の介護業界に入り、現場のワーカーから、リーダー、
フロア責任者、所長を務め、事業運営の主体者を経験する。


同時に、「自分は人をまとめ導いていく経営者ではなく、
得意分野を極めて経営者を助ける専門家である」
ということに気づき、事務所を再開する。



小さな会社のコンサルティングで真の成果を上げるには、
専門的に偏りすぎるものや、画一的な手法を提供するものではなく、
その会社に合ったものを見極めて提供することと、
社長のサポートを含めた「社内環境の改善」が必要である
という経験から、「社外の助っ人」、「プロジェクトリーダー」という
現場での役割も含めた「協働型コンサルティング」を提供している。




奈良発 ”価値創造社会”の実現を目指す


今後の人口減少社会において経済発展を叶えるためには、
「新たな価値の創造」が不可欠であると考え、
独自性をもって高い目標を目指す「価値創造企業」が多く生まれる
お手伝いをさせていただきたく、これからの会社の社長様に、
高い視点からの知見や経営手法の提供、サポートができるよう、
日々研究と実践を重ねている。




信 条


仕事で成果を上げるには、業績という言葉を忘れればよい。

その代わりに、貢献について考えればよい。

貢献といえば焦点は正しいところに合わせられる。

             

                 P・F・ドラッガー