マーケティング


売上アップの定石

事業の売上は「商品力」と「営業力」で決まります。

売上を上げるには、まず、どちらに問題があるかを洗い出してそれを改善していく必要があります。


気をつけないといけないのは、「売れない=営業が弱い」と判断して、とかく、Webマーケティングへのてこ入れや、営業管理の強化など、直接的なものに目が行きがちです。


「商品力があるのに売れないとしたら営業力の問題」であり、

「営業活動に問題がないのに売れないとしたら商品力の問題」となります。


また、「商品」と「営業」はそれぞれが独立したものではなく、深く関係しています。

営業の見直しの中で、商品の改善がなされて、本当の課題が解決されたことで売上が大きく上がることがあります。


問題は、営業にあるのか、商品にあるのか。その両方か。

やるべきは、Webマーケティングか、営業の組み立てか、広告宣伝か。

それとも商品・サービスの工夫、見直しか。


しっかりと自社の課題を見極めることができれば、無駄のない改善を行うことができます。


当事務所は、「商品」と「営業」両方を扱うコンサルタント事務所です。

総合的な視点から「正しい改善」をご提案し、売上アップのお手伝いをしております。



マーケティング