ブランディング

「生きたブランディング」をお手伝いします。


■ブランディングとは?


ブランディングで大切なものは何でしょうか?

 デザインやイメージの統一?
 ロゴマークを作ること?
 会社の好感度アップ?
 他社との差別化?
 ブランドバリュー?


ブランディングに対する解釈や求めることは様々ですが、弊社ではブランディングをこのように考えています。



■ブランディングのよくある誤解①(商品企画との混同)


「商品のデザインやネーミングを工夫したら売れた」


このような事例をよく目にしますが、これは「商品企画」に関する工夫であり、ブランディングではありません。


また、アパレル業界や食品業界などでは、特定の商品群をシリーズ化する際に用いる名称をブランドと称しますが(カテゴリーブランド)、これらは「会社のブランディング」とは違うものです。



■ブランディングのよくある誤解②(ブランド戦略)


「マーケティングリサーチを行って、ライバルの手薄な領域に展開する」

「地元の名産品とタイアップして商品開発をする」


これらも「商品戦略」の1つであり、ポジショニングやハイブランド化を目的として用いられる手法ですが、このやり方は、逆にブランディングで失敗しかねない重要な要素をはらんでいます。



■会社のブランディングとは?

「ブランド」の語源は「牛の焼印(brandr)」のことで、「他と区別する」という意味があります。


自社が顧客に認知され、他社と区別されることでブランドが確立します。



しかし、行列のできているラーメン屋さんが繁盛している理由は、デザインでもネーミングでもロゴマークでもありません。


また、聞きなれた名前やその会社の位置づけによってブランドが確立するというものでもありません。



ブランドとは、

その会社が提供する「価値」が顧客に認知され、それによって他社と区別されることです。


その会社の価値を可視化(言語化)し、

その価値を商品・サービスに落とし込んで顧客に提供すること。


それが弊社のお手伝いするブランディングです。



■ブランドは作れない

顧客に認められる価値は、おいそれと生み出せるものではありません。
その会社が長年積み重ねたこだわりや経験なくしてブランドは成立しないのです。


ブランドの芯は、その会社の持つ「技術」、「強み」、「想い」です。


顧客がその価値を認めて初めて、「ブランド」は生きたものになります。


「ブランドは作るものではなく、見つけるもの」なのです。



■ブランディングのゴール(目的)

経営コンサルティング事務所の行うブランディングのゴールは、


その会社の「これからの戦略」を立てること


です。


ブランドとは「会社の在り方」であり、経営のあらゆる要素がそれに沿ったものであることが重要です。


ブランドを外見的なものととらえてしまうと、結局「自社都合のブランド」に終わってしまいます。


顧客の厳しい評価でその価値を認めてもらうには、会社の実態がそれに見合うものあることが不可欠です。




「提供すべき価値」が明確になると、取扱う商品やサービス、対象とする顧客層はもちろんのこと、経営の各部門で業務の進め方や優先順位も違ってきます。


経営の全機能が「ブランディングされた価値」を認識し、それに集中することで、その価値が高まり、顧客や市場に認められるものになります。




ブランディングを行うと会社の軸が固まることで、自社の顧客をより深く知ることができるようになり、顧客ニーズをくみ取る力が高まります。

また、社員の日々の仕事に意義をもたらし、より高い視点での取組みやモチベーションを生み出します。


ブランディングは「定まってからが始まり」です。


御社の「価値」を経営に落とし込み、実態化することが弊所のブランディングです。



【ブランディングの成果】
・自社の「価値」(マーケティングバリュー)の洗い出し

・言語化・ビジュアル化

・経営基本戦略の確定(全体戦略、マーケティング戦略、部門別戦略)

・部門別業務方針、指針の決定

・会社ロゴの制作、Webサイトの刷新等(ご希望に応じて承ります)